ピーピースルーkとfの違いとは?シリーズの種類や使い方とは

排水管のお掃除として注目されているピーピースルー。テレビでも度々取り上げられていますよね。

調べてみるとピーピースルーkやfなど種類があるようですね。

その違いとはどこにあるのでしょうか?種類や使い方についても調べてみましたよ。

楽天市場でも人気のピーピースルーf

浴室や洗面所、キッチンなどの排水溝の強力な洗浄剤として、マルチクリーナーとしても人気の高いピーピースルーf。

売れ筋ランキングでも常に上位にランクインしています。ここからも人気の高さがうかがえますよね。

↓ ↓ ↓ ↓

CHECK!>> 何でも使えるマルチクリーナー 売れ筋ランキング TOP30[楽天]

そんなピーピースルーについてご紹介しますね。

ピーピースルーkとfの違いとは?

・ピーピースルーの特徴

排水口洗浄剤のピーピースルーの特徴として、水を加えることで発泡と発熱する作用があります。

そしてさらにアルカリの力で排水管にこびり付いている汚れを落としやすくしているのです。

特徴だけを見るとkもfも同じようなものですが、薬剤の強さが違います。

ピーピースルーfはよく市販されている家庭用の排水口洗浄剤よりやや強い程度の薬剤になります。

そのため完全に詰まってしまっている場合は、詰まりが解消されない場合もあります。

ピーピースルーkほどの激しい反応熱もないので割と取扱いやすいです。

一方のピーピースルーkはfの5倍以上の強力な洗浄剤で、詰まってしまった時でも効果を発揮するほどのプロ使用です。

テレビで度々紹介されているのはこのタイプです。

その分薬液の反応熱が高いので取り扱いに十分注意しなければなりません。樹脂製品が変形したり、沸騰した薬剤が飛び散って目に入ったり皮膚に付着するなどの事故に注意です。

またピーピースルーkは医薬用外劇物の商品になりますので、購入する際は毒物劇物譲受書の提出が必要となります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ピーピースルーF 排水管洗浄剤 業務用 600g
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/3時点)

ピーピースルーの種類

いくつかあるピーピースルーシリーズですが、主なものをご紹介しますね。

・ピーピースルーf

顆粒状の洗浄剤で、ぬるま湯で溶かして使います。キッチンの流しや浴室、洗面上などマルチに使えます。

やや強めの薬剤で効果的に使えるものの、医薬用外劇物ではないので扱いやすいです。

大手通販サイト楽天市場でも上位にランクインするほど人気の高いシリーズです。

・ピーピースルーk

フレーク状で排水管の詰まりを解消できるほど強力な薬剤で、業務用として使われています。

ただ医薬用外劇物なので、扱いには細心の注意が必要です。購入する際には所定の書類等が必要となります。

・ピーピースルー温水用

ピーピースルーシリーズは温水を使うことで効果をさらに発揮させますが、温水の使えない場所でも使えるのがピーピースルー温水用です。

ピーピースルーkと同様の強力な薬剤で業務用として使われています。

こちらも医薬用外劇物です。

・ピーピーライト

詰まりや悪臭の予防として使えるピーピースルーのライトタイプです。

液状なので日常のパイプお掃除に手軽に使うことができます。そして医薬用外劇物ではないのでネット通販でも気軽に購入することができますよ。

ピーピースルーの使い方とは

強力な洗浄剤なら扱い方が大変そうですが、基本的にピーピースルーのシリーズも市販のパイプクリーナーと同じような使い方になります。

例えば顆粒状やフレーク状のタイプであれば、

 1 薬剤を排水口のまわりにまく。

 2 ぬるま湯または水を少しずつ薬剤にかけて排水管に流す。

 3 数分~1時間程度の放置。

以上です。手順としては簡単ですよね。タイプによって放置時間や温度などに違いがあるので、必ず説明書の確認はして下さいね。

液状ならば排水口に流し込むだけです。

どのタイプの洗浄剤も割と強力な薬剤なので、保護するためにマスクやメガネ、手袋などを着用することをおすすめします。

どのパイプクリーナーでも言えることですが、定期的に洗浄をするとお掃除が楽になりますし清潔さを保つことができますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ピーピースルーF 排水管洗浄剤 業務用 600g
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/3時点)

さいごに

いかがでしたか?これでどのタイプのピーピースルーを選べば良いのか分かりやすくなったのではないでしょうか。

購入を考えていた方はぜひ参考にしてみて下さいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です